2014年5月24日土曜日

[他]WebAPIを疎通する

今どきのWebAPIは、Rest形式でかつGETで動作するため、ブラウザで簡単に疎通確認できます。
 しかし、SOAPなどPOST形式のI/Fもあります。これを、疎通するためにアプリケーションが必要になる場合があります。 また、テスト用のHTMLを置けないケースもあるでしょう。
 Windows環境において、インタフェースまでの通信経路に問題がないかを確認するためには、 VBスクリプトを使うのが気軽でよいです。でコードはこんな感じ。
Dim objXML
Dim intRet
Dim strURL
Dim strKey

strURL = "http://jlp.yahooapis.jp"
strKey = "sentence=%e7%a9%ba%e5%89%8d%e7%b5%b6%e5%be%8c"

MsgBox ("url=" & strURL)

MsgBox (strKey)

Set objXML = CreateObject("MSXML2.ServerXMLHTTP")
objXML.Open "POST", strURL, False
objXML.setRequestHeader "Content-Type"" application/x-www-form-urlencoded"
objXML.setRequestHeader "Content-Length""length"
objXML.send strKey

intRet = objXML.Status
MsgBox ("stat=" & intRet)
MsgBox (objXML.responseText)
まぁ今どきはPS(パワーシェル)を使うんでしょうけど。。。

0 件のコメント :