2013年5月3日金曜日

[Android]設定アプリの「データを削除」を無効化する

Androidのアプリケーションでは、データベースやプレファレンスでデータを保存します。
 たとえば、SQLiteのデータベースの場合一般的には「/data/data/[アプリケーションパッケージ名]/databases」にファイルが生成されます。 しかし、このデータは、設定アプリで削除することができます。 それを抑止する方法として、その処理を無効化する方法がります。その方法とは以下の通りです。

 ■AndroidManifest.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.your_app"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="15"
        android:targetSdkVersion="15" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:manageSpaceActivity="com.example.your_app.ManageActivity" >
        <activity
            android:name=".GridLayoutActivity"
            android:label="@string/app_name" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>

「android:manageSpaceActivity」を指定することで、設定アプリがこのアクティビティ呼ぶようになります。 ボタンの表示も「データを消去」から「容量を管理」に表現が変わりました(端末によって差はあるかもしれません)。

そのため 、onCreate()でfinish()しちゃえば、ほぼ何も起こらない。ということが実現できます。

逆に
  • SDカードに管理しているデータもまとめて消す
  • プレファレンスだけ残してデータだけです
みたいかことも可能です。応用範囲はいろいろ。企業ユースでは結構ニーズがあるかもしれません。

0 件のコメント :